母親の故郷へ
 
この度のご依頼は、福岡市にお住いの60代男性の方からでした。ケアマネージャーさんを通してご連絡がありました。 
 
「母親の故郷が八代にある。もう一度あの場所へ行ってみたい。」
 
幼少期に何度か行ったことがある程度で、ほとんど記憶がないとのこと。わずかな手掛かりをもとに行くことになりました。お客様は要介護4。脊柱管狭窄症などあり、日常生活ではほとんど車椅子を使っています。

出発前の新幹線ホーム

今回は、1泊2日の日程で新幹線と介護タクシーを使ってのご移動です。また、「温泉に入りたい、うなぎが食べたい」とのご要望もありましたのでプランに組み込みました。
 
到着初日は、福岡から八代に移動し、日奈久温泉で温泉に入り、うなぎを食べました。温泉施設では、介護タクシーの運転手さん(ガイドヘルパー等の資格あり)が入浴を手伝ってくださいました。

新幹線にて

 ゆっくり温泉に浸かることができ、お客様はとても満足していました。 

念願の温泉

2日目はいよいよ、お母様との思い出の場所をめぐる旅に出発です。やはり、その場所にくるといろいろと記憶がよみがえります。
 
当初は予定になかった場所も回ることができ、旅行後には、お客様から「楽しかった」と言っていただきました。
 
思い出の場所へ出かけてみませんか?あすも特注旅行班があなたの旅をサポートします。