湯の街別府へ
 
「温泉をゆっくり楽しみたい。」仲良しのお二人から旅行の付き添い依頼がありました。今回の目的地は、温泉地として有名な別府です。
 
別府までは特急列車に乗って一時間ほど。車内では、お二人の楽しそうな会話が聞こえてきます。別府に到着し、鉄輪温泉にある旅館へ向かいました。

駅のホームにて

駅のホームにて

少し休憩し、お客様は弊社女性ボランティアスタッフと現地女性ヘルパーの2名と温泉へ。肩までゆっくり浸かることができたようで、お風呂はどうでしたか?と聞くと「とっても気持ちよかった。」と笑顔で答えてくださいました。

ご入浴後、リラックスされるお客様

ご入浴後、リラックスされるお客様

そして、お風呂の後はお楽しみのご夕食。季節のお野菜にお魚料理、豊後牛など大満足の内容でした。お客様からも「美味しいから、普段よりたくさん食べてしまった。」とのお言葉をいただきました。
 
観光は、高崎山、うみたまご(水族館)、海地獄に行きました。一番喜ばれたのが「うみたまご」。綺麗なサンゴの中で泳ぐ魚たちに釘付けでした。

うみたまごにて

うみたまごにて

あっと言う間の二泊三日の旅行。「久しぶりの旅行で不安だったけど、本当に楽しかった。」と嬉しい感想をいただきました。

国指定名勝 海地獄

国指定名勝 海地獄

<御礼>
入浴および夜間のサポートをしてくださいました女性ボランティアのTさん、そして、入浴時にお手伝いいただいた現地女性ヘルパーさんにこの場を借りて厚く御礼申し上げます。