福島県からの転院のお付き添い
 
今回のお客様は、60歳代の男性です。
福岡市内にお住まいですが、今年の2月、福島県郡山市へ出張滞在中に、心原性脳梗塞で倒れられて、郡山市の病院に救急搬送されました。
 
このたび、福岡市へ戻ってリハビリ継続するために、転院することとなりました。
 
郡山市から福岡市の病院まで、どんなに速い交通手段でも、7時間かかります。(緊急ヘリ等を除く)
 
倒れられて以来、そんな長距離の移動をしたことはありません。
血圧の変動、水分制限あり、左半身にマヒが残っているお体では不安とのことで、私どもにご依頼くださいました。

郡山駅

さて、私どもスタッフは、前日から郡山の病院に入り、リハビリスタッフさんや病棟スタッフさん方と情報交換します。
 
そして、翌早朝から、スタートです。
郡山の病院から、
介護タクシー → 東北新幹線 → 東海道山陽新幹線 → 介護タクシー
と乗り継いで、9時間。福岡市の病院へ無事に到着なさいました。
 
ご本人様・ご家族様から、「おかげで、とっても安心して移動することができました。これからの時代に大切なお仕事ですね。是非もっとたくさんの人たちに届けてくださいね。」と、非常に嬉しいお言葉をいただきました。

新幹線内