読売新聞夕刊に載りました(平成27年12月17日)

 
弊社スタッフ大関が主催者の一人として関わっている“Free Shoes”の活動が読売新聞夕刊に載りました!!
 
今回の企画は、福岡バリアフリーマップ作成委員会で作成した、バリアフリーマップを使って、太宰府天満宮を練り歩きました(http://blog.goo.ne.jp/jppt
 
〇Free Shoesとは
体験・理解・会話をモットーに障がい者と健常者がバリアフリーな社会を考え、創っていく会。
〇活動内容
主に、車椅子で街歩きイベントや飲み会などを開催しています。
https://www.facebook.com/Free-Shoes-507149062777272/
 
≪記事中の池さん(主催者)のコメント≫
イベントを通じて社会に残るハード面の障壁だけでなく、心の中の障壁を取り払うきっかけにしたい。
 
≪記事中の狩川さん(主催者)のコメント≫
障害の有無にかかわらず、同じ目線で語り、理解し合えれば、誰もが住みやすい社会の実現につながるはずだ。
 
「少しでも、そして出来るところから、バリアフリーな社会、ユニバーサルな社会を創っていきたいと思います。大関」
 
記事を書いてくださいました、
遠藤様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
 
当イベントにご興味のある方は、大関宛にご連絡ください。医療・福祉関係者でなくても楽しめるイベントになっていますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

読売