あすも旅行記

付き添いサービス

民間救急で転院のサポート

【民間救急で転院のサポート】

北九州市で民間救急を営んでいます『ピョンタク』さんからの依頼で、
福岡県苅田町から、広島県廿日市市の病院まで、転院のサポートをしました。

(ピョンタクさんとあすものタッグですね。)

お客様(患者様)は、寝たきりで、酸素と吸引が必要です。

〜〜〜〜〜〜

転院とは、
ある病院に入院中の人が、他の病院へ移って入院を続けることです。

ピョンタクさんの車両は、
民間救急ですので、
ストレッチャー、酸素、吸引はもちろん、
心電図モニターも、アンビューバッグも、AEDも装備されています。

〜〜〜〜〜〜

さて、私どもとしては、転院当日、
転院元の病院へお邪魔して、
事前情報をもとに情報収集です。

ご本人の状態観察、
病棟スタッフさんとの情報交換、
医師の指示を確認、
物品確認、
リスク管理等を
出発前に行います。

出発して移動の道中は、
ピョンタクのスタッフさんと連携し、
車内の機材を使いながら、
お客様の安全快適な移動を図ります。

そして、
転院先に到着したら、
転院先のスタッフさんに、
道中の状況、および転院元からの引継ぎ事項等を申し送ります。

お客様とご家族様に、退出のご挨拶をして、
無事に福岡・広島間の転院の任務は、完了となりました。

〜〜〜〜〜〜

※ 民間救急とは、
緊急性の少ない人の搬送を行なうサービスです。おもに転院・入退院、社会福祉施設の送迎などの移動手段として使われています。正式名称は『民間患者等搬送事業』といいます。
(消防の救急車と違って、サイレンは鳴らせませんし、信号機もちゃんと守る必要があります。)