スタッフ紹介

代表理事

大橋 日出男

略歴

1974年(昭和49年)
福岡県春日市に生まれる。
1993年(平成5年)
福岡県立筑紫丘高校を卒業。
1998年(平成10年)
九州大学医療技術短期大学看護学科(現九州大学医学部保健学科)を卒業。
九州大学病院に15年間勤務し、精神科、循環器内科、呼吸器消化器外科、皮膚科、おもに病棟で患者のケアを担当する。
2013年(平成25年)
3月、九州大学病院を退職。
2013年(平成25年)
5月~7月特定非営利活動法人しゃらく(神戸市)でインターンとして勤務。
2013年(平成25年)
11月、設立総会を経て、特定非営利活動法人あすも特注旅行班の代表理事に就任。

ご挨拶

私は看護師として15年間、九州大学病院に勤務してきた医療者です。病棟では、死を目前に控えた患者さんや重度の障がいがあり、「出かけたいけど、やめておきます」とおっしやる方々を目の当たりにしてきました。

「本当は、旅したい。最後に思い出をつくりたい」 そういう要望を直にお聞きする機会がたくさんありました。しかしながら、病院が旅に連れ出すことはできず、そのような外出を請け負う事業者もいない。行政の制度もない。「看護師が付き添えば、行けるのに・・・。」それは社会の課題であると考えました。そこで、なんとか実現したいと創立したのが『NPO法人あすも特注旅行班』です。この法人名には、「明日も行きたい」「明日も行けるよ」という未来への思いを込めました。

「こんな体では何もできない、どこにも行けない」と可能性を狭めてしまっている方々へ、看護師が付き添うことで、安心を感じ、もっと行動範囲を広げていただきたい。病気だから、障がいがあるから、とあきらめていた外出や旅行を、安心して楽しんでいただくことが私たちの使命です。
私ども『あすも特注旅行班』は、お客様にとっての「旅行班」であることはもちろん、いろいろな施設・事業者さまの「旅行班」であり、世の中にとっての「旅行班」でございます。

皆々様のお力添えをいただきながら、この活動を広げて参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

理事

逆瀬川 周作

略歴

1977年(昭和52年)
鹿児島県に生まれる。
1998年(平成10年)
鹿児島大学医療技術短期大学(現鹿児島大学医学部)を卒業。
1998年(平成10年)
九州大学医学部附属病院(現九州大学病院)に勤務。 精神科病棟、救命救急ICUの勤務を経て、現在、神経内科病棟に勤める。

理事

坂本 泰樹

略歴

1954年
大分県に生まれる。
1980年
国立金沢大学医学部(医師免許取得)卒業。 同年、九州大学医学部泌尿器科入局。 
1986年~1987年
米国ニューメキシコ州アルバカーキ市 ニューメキシコ大学留学
1987年~1988年
米国オハイオ州シンシナティ市 シンシナティ大学留学
1988年
飯塚総合背損センター泌尿器科副部長に就任。以降、九州内の泌尿器科の要職を歴任。
2008年
パック旅行に医師として帯同する活動を開始。
2009年
「空飛ぶドクター」を商標登録。
2013年
「あすも特注旅行班」理事に就任。

資格

  • 空飛ぶドクター®
  • 医学博士 
  • 日本旅行医学会評議員、認定医 
  • 日本泌尿器科学会専門医、指導医

リハビリ企画長(非常勤)

大関 純平

略歴

1987年(昭和62年)
沖縄県に生まれる。
2009年(平成21年)
長崎リハビリテーション学院を卒業。理学療法士として、久留米市の回復期病院に勤務。
2013年(平成25年)
退職し、フィリピンへ5ヵ月間の語学留学。その後、カンボジア、タイ、ミャンマー、インド、ネパール、マレーシア、オーストラリア等の国々を4ヶ月かけて歴訪。
2014年2月
あすも特注旅行班のリハビリ企画長に就任。