あすも旅行記

付き添いサービス

福岡市から五島へ転院

【福岡市から五島へ転院】

福岡市の九州がんセンターの相談員さんから問い合わせで、
入院患者様が上五島(五島列島)の病院へ転院するので、その付き添いサポートを、
との相談がありました。

そのお客様は、
お生まれも育ちも上五島です。
治療のために九州がんセンターに入院なさっていましたが、
今回、上五島の病院へ戻られます。

24時間点滴中で、ガーゼ交換などの処置が必要です。

〜〜〜〜〜〜

では、いつものように、
事前に入院病棟へお邪魔して、お客様のお具合を拝見しつつ、病棟スタッフさんと情報交換です。

処置の内容、および道中のリスク等を入念に確認します。

近頃は、コロナ禍の影響で、
船が減便となっています。
そこで、佐世保からのフェリーに乗る行程となりました。

 

さて、当日、
お天気に恵まれましたが、ちょっと風が強く、波は少しあります。

がんセンターから佐世保港までは、ご家族の自家用車で行きます。

佐世保港からフェリーに乗船し、上五島の有川港へ。

有川港では、ご家族様が車で迎えに来られていますので、
再び自家用車に乗って、病院へ。

転院先の上五島の病院では、コロナ禍の影響により、
有熱者に対して厳重な管理がなされています。
(お客様は、感染症ではなく腫瘍熱なのですけど、
受け入れ側としては初見でその区別はつきませんからね。)

特設の発熱者外来で引継ぎをして、
私どもの任務は完了です。

約6時間の行程でしたが、
お客様は、ご体調の悪化等なく、無事に転院なさいました。

ご依頼くださいまして、ありがとうございました。